耐水性があって丈夫なプラスチック製なウノ「UNO H2O」を買ってみた!

スポンサードリンク

お久しぶりです。エアもふんです。

ウノといえば昔から愛され続けている大定番のカードゲームですよね(*・∀・)/

今回はそんなウノの中でも、耐水性のある紙ではなくプラスチックでできた「ウノ H2O」を購入してみました。

 

 

 

ウノ H2Oを購入した理由

 

ウノH2Oを購入した理由は単純に今まで使っていたウノが劣化してしまったからです。

それなら普通のウノをまた買えばいいじゃないかと思うかもしれませんが、どうせだったら長く使えるウノがいいということでプラスチック製のウノH2Oを購入してみました。

(値段もAmazonだと60円程度しか変わりませんb)

 

開封

 

パッケージの前面はこんな感じ。

 

wp-1474369540551.jpg

 

普通のウノの箱とは違って透けてますね。

背面はこんな感じ。水に浮くことが売りのようですが、水の中で使う場面があまり思い浮かびません。

 

wp-1474369547059.jpg

 

それでは早速中身を取り出してみます。

 

wp-1474369552735.jpg

 

こんな感じに二つに分かれていますが、実際は一つのケースとして使うようです。

前のウノが紙製のケースだったのでプラスチック製のケースがついているのはうれしいですね。(プラスチックカードな分、面積は取ります。)

カードは透けてる部分があってかっこいいです。裏面を見ても何が書かれてるかわからない仕様になっているので安心ですね。

 

wp-1474369561136.jpg

においがする

 

Amazonのレビューにもありましたが、石油のにおいがします。

ただ、自分はそこまで苦手なにおいではなかったですし、においもそれほど強いわけではないので気になりませんでした。

水洗いするとにおいはとれるようです。

もしかすると、自分の買ったロットがたまたまにおいのましなだけなのかもしれないので、これについては何ともいえないところですね。

 

総評

 

自分としては大満足でした。

カードも丈夫で劣化しにくく、程よい硬さでとても使いやすいです。また、プラスチック製のケースがついているのも大きな利点です。

においの欠点はありますが、それを差し引いてもおすすめできる価値のある商品だと思います。

もし今度ウノを買う機会があれば、紙製ではなくこのプラスチック製のウノを買ってみると幸せになれるかもしれません。

 

 

今日はそんなところで。

ではは!

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味