『職』はこれからどうなるのだろう

スポンサードリンク

f:id:EALS634:20160417114104j:plain

こんにちは。えあもふんです。少し前に、ある方の講演会に行きました。その方によると、将来、65%の人は今までにない職業に就いているそうです。

 人工知能(AI)が管理をする職業が増えるらしい

その方が言うには、人工知能を持ったロボットが今ある仕事をこなすようになっていくらしいです。「そんなことないだろう」と一瞬思いましたが、最近の著しい人工知能の進化を見ると十分あり得るのかもしれないという気がしてきました…

 

今までにない仕事ってなんなんだろう

とはいえ、今までにない仕事と言ってもいまいちピンときません。

ただ、時代の流れを考えるとさらに情報化社会になっていきそうな気がします。それに応じた仕事が出てきてもおかしくはないでしょう。(それすらロボットがやってのけそうな気もします() )

 

残りの35%はどんな職業だろう

では逆に残りの35%はどんな職業なのでしょうか。答えはおそらく、人にしかできない職だと思います。いくらロボットと言えど、細かな作業が必要となる職業や、コミュニケーションを必要とする接客業などは残り続けるのではないかと自分は考えています。

 

これから必要とされるスキルを考えてみる

これから必要とされてくるのは、やはりコミュニケーション能力や、チームワークなどではないでしょうか。

時代の流れに伴って、雇用形態はどんどん変化してきています。

今までにない職業が登場し、逆に今までにあった当たり前の職業が人の手ではしなくなっている。そんなことが起きるのも時間の問題なのかもしれません。

今日はそんなところで。

 

 

では!

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味