ニンテンドースイッチ用に購入したアクセサリー品

2017年4月8日

スポンサードリンク

こんにちは!エアもふんです。

先日こんな記事を投稿しました。

初期不良を引いてしまったということでJoy-Con(R)のほうを修理に出していたんですが、先日無事に帰ってきましたので今回はニンテンドースイッチ(以下スイッチ)用に購入したアクセサリー品を紹介したいと思います。

 

①液晶保護フィルム

ニンテンドースイッチはスマートフォンなどと同じように静電容量式のタッチパネルを搭載していますから、当然のことながら画面を触って操作するような場面も多々あります。また、ドックに抜き差しすることも多いため傷がついてしまう機会がどうしても増えてしまいます。そんな傷や汚れを防止するために液晶保護フィルムを購入しました。

今回購入したのはBeyeahさんのガラスフィルムです。

ニンテンドースイッチのフィルムはガラスフィルムにしようと最初から決めてはいたものの、あまりにも種類が多くてどれにするかは非常に迷いました。そんな中でこのガラスフィルムを選んだのは

  • 以前HuaweiのMate9を購入した際に購入したケースがBeyeah製のケースであったこと
  • ラウンドエッジ加工が施されているガラスフィルムであったこと
  • Amazonのレビューを見てこれなら大丈夫だろうと判断したこと

この三点が大きな理由になります。最初は本当にこのフィルムで大丈夫なのかという不安もあったんですが、結果的には使い心地の良いフィルムで購入してよかったと思っています。

ただ、ガラスフィルムの性質なのかサイズがスイッチよりも少し小さかったのが残念なポイントです。

PS.上で紹介したガラスフィルムもおすすめなんですが、私が絶対的な信頼を置いているANKERさんから最近スイッチ用のガラスフィルムが発売されました。

値段も2枚入りで1000円ちょっとと非常にコスパが高いです。また、上で紹介したガラスフィルムよりもサイズがよりスイッチの前面部分に近いのも素晴らしいと思います。

 

開封~貼り付け

パッケージは青を基調としたカラーで安っぽさを感じさせません。パッケージに描かれているイラストがスマートフォンでスイッチ用なのかと不安になったものの、中にはしっかりとスイッチ用のガラスフィルムが入っていました。(写真を撮り忘れていました。すみませんm(__)m)

貼り付けたばかりの状態だと大きな気泡が二つほど入ってしまいがっかりしたんですが、

必至に外側に追い出していくことで何とか気泡を抜くことができました。パーフェクトです。

 

使用感

ガラスフィルム特有のぬるぬるした触り心地もあって非常に使い勝手がいいです。指紋もそこまで目立ちません。貼ってからしばらく使ってみましたが今のところ不満な点は特にないように感じます。

 

②ケース

スイッチは据え置き機ではありながらも持ち運んで使える携帯機の側面を持ったハードでもあります。

そのため外出時にケースは欠かせません。ケースも色々な種類があってどれを購入するか非常に迷ったんですが、3DS時代からお世話になっているキーズファクトリーさんのケースを購入してみました。

HARD CASE for Nintendo Switch ブラック
  • キーズファクトリー
  • 価格   ¥ 2,730
  • 販売者 ✅グロッサリーストア【迅速発送・迅速対応】
クリックして今すぐチェック

このケースにした決め手は

  • ハードケースであること
  • ソフト入れがついていること
  • フラップがついていること

の三点です。個人的にはカラバリが黒以外にもあるとなおよかったと思っています。

 

開封~装着

外装はこんな感じでいたって普通です。

 

箱からケースを取り出してみます。さらさらではなくざらざらとした手触りです。

 

ケースの中身はこんな感じで上には伸縮性のある収納スペースがついています。スイッチ本体は下側に収納するんですが、底には柔らかい素材が敷かれていて衝撃等の刺激からも守ってくれそうな感じがします。また、画面を守るためのフラップが付いているのもうれしい配慮です。

 

実際にスイッチ本体を収納してみます。当たり前ですがぴったりとはまる大きさになっています。

 

使用感

このケースの効果がどれ程のものなのかということで何度か故意に落下させたりもしましたがスイッチ本体どころかケース自体にも目立った傷は見られませんでした。ソフト入れが付いていない点が少し残念な気もしますが、それを除いても満足感、安心感のあるケースだと思います。

 

最後に

スイッチは今までの据え置き機とは違い、携帯機と同じようにアクセサリー品をそろえる必要があります。

もしこれからスイッチを購入しようとされている方、スイッチを購入したばかりの方等に少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

最後までご閲覧いただきありがとうございました。

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味