一度は聴いておきたいイチオシのsumikaの楽曲たち

2018年5月18日

スポンサードリンク

オタクに恋は難しいや君の膵臓を食べたいの主題歌を担当するなど、精力的に活動を続けているsumika。今回はそんな彼らの楽曲の中でも個人的にイチオシしたいものを紹介していきます。

Lovers


『Lovers/伝言歌』『アンサーパレード』『Familia』収録

sumikaを語るうえではやはり外すことのできない、ライブでもおなじみの一曲。ポップでキャッチーなメロディーの良さはもちろんのこと、その歌詞の内容も考察のし甲斐がある深いものになっています。

 

rem.


『Vital Apartment.』収録
イントロのキーボードに思わず引き込まれてしまうほどメロディーがオシャレな曲。

キーボードの黒田さんが作曲されたというだけあってか、普段とは少し毛色の違うsumikaを味わえます。この記事で上げている曲の中でも1,2を争うレベルでお気に入り。

 

リグレット


『I co Y』収録
こちらも黒田さん作曲の曲になります。落ち着いたきれいなメロディーにボーカルの片岡さん作詞の歌詞が合わさることで、どことなく切なさを感じてしまいます。

君の音を聴かせてよ それだけで良いんだよ はぐれた心を繋いでよ

サビのこの歌詞で胸が締め付けられること間違いなし。rem.と合わせて聴きたい一曲です。

 

リフレイン


『I co Y』収録
とにかくメロディーも歌詞も暖かくて優しいです。

聴いていて思わずうっとりしてしまうような一曲。

 

ソーダ


『I co Y』収録
爽やかでノリノリになれる一曲。リードギターのメロディーがたまりません。

ソーダにたとえた独特の歌詞にも注目です。

 

彗星


彗星というイメージ通り、とてもきれいな曲です。

イントロとサビのメロディーはsumikaの曲の中でも一番好きかもしれない…

 

オレンジ


『SALLY e.p』収録

こちらもリフレインと同じくとにかく歌詞もメロディーも優しいの一言に尽きます。

こちらは「家(家庭)」に焦点をあてているため、帰宅中や帰宅したときに聴くとよりこの曲の良さを味わえると思います。

※次ページに続く

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味