ルービックキューブの魅力を改めて語る

2016年6月11日

スポンサードリンク

こんにちは!えあもふんです。

ルービックキューブ

の魅力を改めて語ります…(?)

魅力

1.パーツの配置は無限大

3×3の6面体のパズルですが色の配置は4,325京2,003兆2,744億8,985万6,000通りもあり、まだ人が見たことのないパターンがあるともいわれています。

54個しかないパーツに、これだけのパターンがあるって凄いですよね。

2.そろった時の嬉しさ

初めてルービックキューブを触ったときってそろうのになかなか苦労しますよね。

ネットで解法を調べてしまえばすぐに解けますが、自分ひとりの力で解いた時の嬉しさと言ったら何物にも代えがたいです。

また、何度も遊ぶうちに自然と解けるようになっていくのも楽しいですし、成長したなと感じさせてくれます。

3.頭の体操にもなりそう

何度も試行錯誤しながら揃えていくと、自然と頭を使っている感じがします。

暇な時にやってみるのも良いかもしれませんね。

4.一つの趣味になる

手軽に遊べて、コストもかからないので一つの趣味にもなります。

最初は浅く、次第に深くはまっていきます。(いわゆる 沼 ですね() )

5.一芸としても

ルービックキューブを6面何も見ずにそろえれる という人は意外と少ないので、忘年会なんかの芸としてもおすすめです。

個人的にお勧めなキューブ

個人的にお勧めなキューブは、最近出たMoyuのWeiLong GTSです。(6/11更新)

MoYu WeiLong GTS
ルービックキューブや立体パズルの商品購入ページ。会員登録せずにお買い物できます。

ルービックキューブの購入に関しては、自分も利用したことのあるtriboxがおすすめです。

最後に

ルービックキューブですが、はまればどんどんはまります。

新たな趣味として、特技としてはじめてみるのはどうでしょうか?

では!

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味