Fire TV Stick 開封レビュー

スポンサードリンク

こんにちは。EALSです。

ついに買ってしまいました。Amazonの「Fire TV Stick」。

前々から欲しいとは思っていたんですが中々購入するまでには至りませんでした。

そんな中、今回ようやく手にすることができたのでたっぷりとレビューしていきます。

 

開封

(毎度おなじみ開封の儀)

Fireシリーズではおなじみのオレンジをベースとした紙の箱に入っています。(Fireタブレットの箱と比べるとめちゃくちゃコンパクト)

本体。HDMI端子に挿すタイプのものなのでスッキリしています。

同梱物はこんな感じ。HDMIの延長ケーブルが入っているのがうれしいポイント。

 

セッティング

電源をコンセントに挿して本体につなげばあとはもう付けるだけ。ただしリモコンに電池を入れる必要があります(しかもそのリモコンの蓋が非常に固く中々開きません)

電池を入れていよいよ起動。

初期セットアップを終えるとチュートリアル的な映像が流れ始めます。

映像を見終われば即使用可能な状態に。

 

印象

RAMが1GBしかないということでもっさりした動きなものだとばかり思っていましたが、全然サクサク動いてくれます。

プライムビデオやNetFlix、Huluに加え、AbemaTVやニコニコ、YouTube(ブラウザ必須)などの動画配信サービスが手軽にテレビ等の大画面で楽しめるのはこの端末のこの上ない利点と言えるでしょう。

ミラーリング機能が標準で備わっているのもうれしいポイント。

 

音声認識リモコンについて

音声認識リモコンの使い勝手についてですが、特に不満もなく概ね満足しています。

キーボードをリモコンで手打ちするのも割とめんどくさいのでこういった機能があるのはとても助かります。

 

まとめ

Fire TV Stickは自分のニーズを限りなく満たしてくれる素晴らしい端末でした。

ただし、私の使用目的はあくまでも動画視聴であって、ゲームやブラウジングなどの用途で使おうと思っている場合にはあまりおすすめすることはできません。

テレビやモニターなどの大きな画面で動画配信サービスを閲覧したい等といった場合には4980円というコスパの高さでその要望を満たしてくれるはずです。

Fire TV Stick
  • Amazon
  • 価格   ¥ 4,980
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味