「キミにきめた」でアレンジされたアニポケのBGMたち

2017年8月5日

スポンサードリンク

 

個人的に大満足だった劇場版ポケットモンスター「キミにきめた」。

ストーリーももちろん素晴らしかったんですが、何よりもうれしかったのは懐かしいアニポケのBGMたちがアレンジされて帰ってきたこと。今回はそんな「キミにきめた」でアレンジされたBGMたちをざっと紹介していきます。

※1)この記事では地方別に分類→劇中での登場順にソートという形をとっています。

※2)本記事ではキミにきめたに関するネタバレはほとんど含まれていませんが、ほんの少しのネタバレでも気になる方は閲覧を控えていただきますようお願い申し上げます。

※3)本記事に掲載している動画は全て原曲です。アレンジされたものに関してはキミにきめたのサントラに収録されています。

初代(無印)

戦い(VS野生ポケモン)

赤緑内の戦闘BGMをアニメ用にアレンジしたこの曲。ゲーム版とは違うオーケストラアレンジがバトルへの興奮をより高まらせています。

キミにきめた(※以下劇中)でのタイトル:”オープニング・バトル”

続くったら続く

物語の終盤でよく使われていたBGMです。今でこそ聴くことも少なくなりましたが、アレンジされて戻ってきました。

劇中でのタイトル:”キミにきめる前夜”

道案内

アニメオリジナルのBGMと思われがち(自分もそう思っていました)ですが、実はゲームでも使用されていたようです。

劇中でのタイトル:”遅刻”

1997-1998_M28(タイトル不明)

アニメオリジナルの初代で使われていたBGMです。最近、というか初代以外では全く使われていなかったと思いますが今回アレンジされて戻ってきました。

劇中でのタイトル:”遅刻したオレが悪い”

 

 ピカチュウ登場

ピカチュウが登場するシーンに使われたこのBGMが、20年後に公開されたキミにきめたでも同じシーンで使われるというのは何だか感慨深いものがありますよね。

劇中でのタイトル:”残りポケモン”

ハネダへの道ーお月見山より

ゲーム内(赤緑)のBGMをアニメ用にアレンジしたのがこの曲ですが、キミにきめたではイントロ部分だけが使用されました。欲を言うならメロディーの部分も使ってほしかったなと思います。

劇中でのタイトル:”旅立ち…”

大混戦

アニメオリジナルの戦闘曲です。個人的はにこういう曲、たまりません。

劇中でのタイトル:”ポッポ、ゲットだぜ?”

襲撃!

こちらもアニメオリジナルの戦闘曲。この曲が使われたシーンは今でも鮮明に覚えています。かっこいいBGMだ…

劇中でのタイトル:”オニスズメ襲来!”

伝説

今でも使われていたようないなかったようなBGM。そのタイトルの通り、神々しい雰囲気が漂う一曲です。

劇中でのタイトル:”旅立ちの虹”

1番道路

ゲームでもアニメでもお馴染みのあのBGMです。ただし劇中で使われているのは最初のほんの数秒だけ。もう少し長くてもよかったんじゃないかなぁとは思います。

劇中でのタイトル:”レインボーバッジゲットだぜ!”

ロケット団隠密作戦

ロケット団のお馴染みのBGMですね。ロケット団がいてこそのポケモンだと改めて感じさせられるような気がします。
劇中でのタイトル:”ロケット団登場!”

戦いVSジムリーダー

ゲームのジムリーダー戦を元にアレンジしたこのBGM。オーケストラの素晴らしさを感じさせてくれますね。自分の大好きな曲の一つです。
劇中でのタイトル:”ピカチュウVSポッチャマ”

襲撃!

幾度となく聴いたお馴染みのBGMですね。一度聴くと頭から離れなくなります。
劇中でのタイトル:”止まれ!イワーク”

伝説

こちらも神々しい雰囲気漂うBGM。心が落ち着きます。
劇中でのタイトル:”虹のふもとへ”

ジム戦

お馴染みのジム戦のBGMですが、キミにきめたでは初代のアレンジバージョンが使われました。胸熱!
劇中でのタイトル:”バタフリーがんばる!”

波乗り

こんなBGMも使われていたり。守備範囲の広さには驚かされます。
劇中でのタイトル:”ラプラスに乗って”

戦い(VS野生ポケモン)

どうしてポケモンの戦闘曲ってこんなにカッコいいんでしょうね。
劇中でのタイトル:”バタフリーVSオニドリル”

涙、のち晴れ

ポケモンといえば泣けるBGMも魅力の一つ。劇中でこの曲が流れたときは思わず涙を流してしまいました。
バイバイバタフリーの描き方が違えど、アニメでもキミにきめたでも同じBGMが使われいるのが素敵ですよね。
劇中でのタイトル:”バイバイバタフリー”

祈り

アニメでもよく使われていたこのBGMですが、聴いているだけで泣けてきます。
劇中での使いどころも素晴らしかったです。
劇中でのタイトル:”ピカチュウの涙”

出会いと別れと

アニメでもDPまで使われてきたこの曲。劇中のエンディング部分でかかるこの曲ですが、興奮冷めやらぬ心を更に盛り上げてくれました。
この曲がかかるだけで一気に終わりが近づくような感じがします。
劇中でのタイトル:”それぞれの道へ”

初代(ジョウト地方篇)

Cause Of Alarm(和名不明)

アニメでよく聴いたBGMなんですが、その曲名まではわからず。

カントー地方以外のBGMもアレンジされて使われているのは凄いですよね。

劇中でのタイトル:”オレを誰だと思っているんだ!”

ラジオとう占拠!!

このBGMもよく聴いたような気がするんですが実際はそうでもないのかな(?)
聴いているとこちらまで緊張してきます。

劇中でのタイトル:”イワーク登場”

ホウエン地方篇

戦闘!レジロック・レジアイス・レジスチル

まさかあのシーンでこの曲が使われるとは…!
この時点で脳汁が溢れ出てました。
劇中でのタイトル:”因縁の対決!”
“熱き炎対決!”

おふれのせきしつ

あえて初代のBGMを使わずこのBGMを選んだスタッフのセンスには脱帽です。
劇中でのタイトル:”ピカピ!”

その他

サトシvsエンテイ(正式タイトル不明)

初代ポケモン映画三部作のうちの一つ、「結晶塔の帝王 ENTEI」で使用されたbgmです。

このBGMまで使うなんて今年のポケモンは熱すぎる…!!
劇中でのタイトル:”エンテイとのバトル”

a

タイトルテーマ

劇場版ではいつも最初に使われているBGMですが、キミにきめたではいつもとは違った使い方がされていて興奮しました。
劇中でのタイトル:”ピカチュウ VS ホウオウ”

エンディング

ポケットモンスター、縮めてポケモンのくだりでおなじみのあのBGMです。
まだ見ていない人はこのBGMの使いどころにも注目してみてください。
劇中でのタイトル:”ポケットモンスター、縮めてポケモン”

最後に

キミにきめたは今までポケモンを見てきた人なら絶対に楽しめる映画です。
ストーリーを楽しむのも一興だとは思いますが、BGMにも注目しながら観てみるとキミにきめたを2倍、3倍は楽しめるはずです。

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味