任天堂の命運がかかっているともいえるNintendoNX。果たして成功できるのか【雑記】

スポンサードリンク

こんにちは。エアもふんです。今日はまじめな話をしようと思います。

NintendoNXについてです。

f:id:EALS634:20160423200802j:plain

 

 NintendoNXとは

任天堂が今年発表予定の新家庭用ゲーム機の開発ネームです。

2015年の3月にDenaとの記者会見で発表されましたが、それ以外には何も情報がないというのが現状です。

恐らく今年6月に行われるであろうE3で詳細が発表されると思われています。

 

NXの裏には厳しい現状

NXの裏には厳しい現状があります。

現行機のWiiUはSplatoonやマリオメーカーなどのヒットのおかげでハードの普及台数は2015年にかけて伸びたものの、WiiUの深刻な在庫不足などによって更なるチャンスを見逃してしまうことになります。また、ライバル機であるPS4は全世界台での販売台数は2016年一月には3590万台を突破しており、今なお伸び続けている状況です。

WiiUの1260万台(2015年12月末時点)と比べると2.5倍くらいの差がある状態です。

そこからNXを普及させるのは中々難しいことです。

 

単純な高スペックハードで売り出すなら、スペックをPS4よりも大きく離さないといけないだろう

WiiU、Wiiなどと変わり高性能路線で行くのであれば、任天堂の主要客層である子供への普及は価格的に厳しいものになります。しかも、PS4と頭打ちの状態になってしまうため主要客層以外への普及も厳しいものになってしまいます。

もしPS4と正面衝突するのであれば、訴求力のある価格やPS4を大きく引き離したスペックが必要になってくると思います。これからしてもNXがいかに厳しい現状であるかはわかっていただけるかと思います。

 

任天堂のソフトは魅力的

とはいえ、任天堂ハードのソフトと言えば自社製の強いIPがあります。

圧倒的知名度を誇るマリオシリーズや、新規IPとして大きく成功したSplatoonなど、任天堂の強みはまだまだ現存しています。

 

自社製ソフト+サードがあればWiiUのような現状は避けられるかも

任天堂ハードの最近の傾向として、任天堂のソフトしか売れない。といった事態がありました。そうなるとサードとしてもメリットは大きく減ってしまっていました。

もしNXが、ほかハードとのマルチができるようなスペックであった場合は、サードが売れるような体制づくりを敷くことで、WiiUのような現状は少なくとも避けられるのではないかと思います。

自社製のソフト+サードが実現できるのであればNXの大きな訴求力にもなりうるでしょう。

 

まとめ

任天堂は、今となってはかなり厳しい状態が続いています。

消費者にどのようにしてアピールしていくのか。サードの支援は受けられるのか。ハードとしてどのように魅力を見出すのか。

今後の発表が楽しみですね。

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味