入れておいて損は無し!小学館の「マンガワン」

スポンサードリンク

こんにちは。エアもふんです。

最近モブサイコやメジャーにはまってるんですが、それを読むのに利用している小学館のマンガワンというアプリがすごく良かったので簡単に紹介します。

 

マンガワンとは

 

小学館が開発・配信している、裏サンデー(サンデーのウェブコミック)の作品や小学館で過去に連載されていた作品が無料で読めるサービスです。

自分はモブサイコが読みたくてこのアプリを入れました。

 

マンガワン

マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted with アプリーチ

 

読める時間には制限がある

 

当然と言えば当然かもしれないですが、マンガを読める時間には制限があります。

Android版は午前9時に10分回復、午後9時に10分回復の1日20分、iOS版は午前9時にライフが4つ回復、午後9時にライフが4つ回復するので計8話分読むことが出来ます。

また、一日一回無料で引けるおみくじによっても回復することが可能です。

ここがマンガワンの上手いところで、マンガを読んでると続きが気になってしまうんですよね。そんな時に、ついつい課金しそうになったりしてしまいます。

時間を待てばまた読めるようにはなりますが、どうしても続きが読みたい。課金の額も手ごろだから課金しそうになってしまう。きっと儲かってるんでしょうね()

(初回インストール時は追加時間(ライフ)が大量にもらえるので、100話程度であれば一気に読むことも可能です。)

 

マンガの種類が豊富

 

マンガの種類が結構豊富です。小学館の雑誌で過去に連載されていたマンガや、裏サンデーの作品など、とにかく作品の幅が広いです。

時間制なので手軽に読めるのも魅力の一つですね。自分はモブサイコやメジャー、ウシジマくんなんかを読み漁ってます。

 

投票機能

 

マンガワンにはその作品に投票する機能があります。投票すると一票として数えられ、その票数が多い作品ほどランキングの上位にも載りやすくなります。

また、票数によって作者にお金が支給されたりもするようです。なかなか面白い仕組みだと思います。

 

自分が読んでる作品

 

自分が読んでる作品を簡単に紹介します。

 

モブサイコ100

 

 

100になると爆発する少年の名は…モブ!

自己表現がヘタな超能力少年、通称・モブ。
普通の生き方にこだわり超能力を封印しているモブだが、
感情が高ぶり数字が100になったとき
…少年の身に何かが起こる!!!!

アマチュアWEBコミック界最強の漫画家ONEが描く、
笑いと涙と驚きと…闘いの日々!

 

ワンパンマンでおなじみ「ONE」さんの作品です。主人公もそうなんですが、主人公の師匠である霊幻が個人的に好きです。

ストーリーも秀絶で、キャラが一人一人が立っているので読んでいて飽きません。個人的に一押しの作品です。

 

MAJOR

 

 

5歳から物語が始まり、最終話の時点で34歳になる設定のため実質的に主人公の茂野吾郎の 半生記を描いた作品となっている。なお成長に応じて吾郎の所属チームは変遷するが、吾郎がその情熱でチームメイトの心を動かし、チームが一丸となって前進 していくのが本作の基本的なスタイルと言える。「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それによって主人公や家族が不幸 になる事はないというサンデーの独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの 一つであるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。-WikiPediaより

 

最近続編が連載開始しましたが、MAJORもマンガワンでアンコール連載されています。

知っている方のほうが多いと思うので詳しくは触れませんが、主人公である茂野吾郎の野球人生を描いた不朽の名作です。

自分も昔コミックを買って読んでいましたが、もう一度読むとかなりハマりますね。

高校生編と幼少期編が一番好きな話でした。

 

まとめ

 

一日20分(ライフ8つ分)は無料で読めますし、入れておいて損はないアプリだと思います。

モブサイコ100は個人的にかなり面白い作品なので、是非読んでみてください(回し者じゃありません())

 

↓アプリのインストールはこちらからどうぞ↓

マンガワン

マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
posted with アプリーチ

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味