Apt-X対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン「JPRiDE 412」 レビュー

スポンサードリンク

今まで有線のイヤホンしか使ったことがなかった私ですが、今現在メインで使っているスマートフォン(Mate10Pro)にイヤホンジャックが搭載されていなかったためにとうとうBluetoothのイヤホンに手を出すことにしました。

膨大な数があるBluetoothイヤホンですが、その中から今回購入したのはJPRiDEさんのModel 412です。

JPRiDEというと中々聞きなれない名前かもしれませんが、東京都は渋谷区に会社を設ける立派な日本のメーカーでございます。

そんなJPRiDEの412を購入するに至った理由は以下をご覧ください。

  • AAC,Apt-Xに対応している
  • ネックバンド型である
  • 再生可能時間が12時間
  • IPX4等級の防水性能
  • 5000円以下で購入可能!

個人的にネックバンド型にどこか惹かれるものがあり、そんな中でみつけたのがこの412でした。

対応規格、再生時間ともに申し分ないレベルだったため購入することに決定。

開封

前振りはこれくらいにしておいてさっそく開封に入っていきます。

パッケージにはこじゃれた男性の方が。

磁石で開閉するタイプということもあってか安っぽさは全く感じられません。

中身はこんな感じです。イヤーピースが複数種類用意されていてうれしい限り。

肝心のイヤホン本体はメッシュ生地のポーチに。

人生初のケーブルレスに思わず感動。

 

音質

(5時間ほど使ってみての感想になります。)

今まで使っていたSE-5000HRに比べると低音が厚めな印象を受けました。かといって高音が弱いわけではなく、刺さるというよりは柔らかい感じ。

使い始めた当初は低音域と高音域が上手く噛み合っていなくて違和感が有り余っていましたが、何時間か使ううちにいい感じに合わさるようになりました。

正直メーカー側が謡っているような別次元の音質というのは誇張しすぎている気がしますが、それでもこの価格帯のイヤホン(しかも無線)であることを加味すれば十分満足のいくレベルです。

 

音質以外で評価したい点

このイヤホンを購入して一番感動したのは音質よりもBluetoothイヤホンの利便性です。

今まで有線のイヤホンしか使ってこなかった自分にとっては無線のイヤホンを何となく嫌悪していた部分もあったんですが、ケーブルレス(最高)の利便性、12時間も持つバッテリー、ネックバンド型の謎の安心感などなど、bluetoothの悦びを知ってしまいました。(もう有線に戻れない…)

遅延が全然なかったことにも驚き。

 

不満点

大きな不満点は特にありませんが強いてあげるとすれば、

  • 音声アナウンスの音量の大きさ。
  • イコライザプリセットの不便さ

この二点になります。

音声アナウンス

このイヤホンには起動時やペアリング時などに、英語の音声でお知らせしてくれる機能がついているんですが、如何せんこの音量が大きすぎます。もう少し小さくしてくれれば…

イコライザプリセット

もう一つの不満点はイコライザの扱いづらさについてです。

このイヤホンにはイヤホン単体で切り替えることができる5つのプリセットが内蔵されています。

プリセット自体は手軽に切り替えることができて便利なんですが、切り替えた際に今どのプリセットになっているのかがわからないため、折角のイコライザ機能の良さを損ねてしまっています。

これこそ音声アナウンスを搭載すれば良かったんじゃないのかな…?

 

まとめ

少し不満点もありましたが、総合的に見ればこの価格にしては非常に良く作られています。

Bluetoothイヤホンの入門機としてはもちろん、コスパ重視の方にとってもおすすめできるイヤホンです。

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味