ジョイコン(L)のアナログスティックが故障!かかった費用と日数は?

スポンサードリンク

ご無沙汰しております。いーるず(@eals634)です。

Nintendo Switchを購入してから早いもので3年目に突入したわけですが、とうとうJoy-Con(L)にガタが来てしまいました。

症状としてはアナログスティックが常時傾いてしまっているというもの。2年目あたりから違和感を感じながらも騙し騙し使ってきましたが、諦めて修理に出すことにしました。

Joy-Con(R)を修理に出した時の記事はこちら↓

Tips

パーツを買って個人で修理することも可能ですが、それを行うと任天堂による保証、修理を受けることができなくなります。
参考:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/eula/repair_policy.html(修理サービス規程/保証規程|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo)

修理の流れ

修理の依頼から修理品の発送、返却までの流れはいたってシンプルです。

①修理依頼

まずは修理依頼を行いますが、次の二つの方法があります。メールアドレスがあるのであれば、手書きの必要がなく割引も受けられるオンライン修理受付のほうがおすすめです。

修理依頼書による方法

・商品に付属している修理依頼書を使用するか、任天堂のサイトよりプリントアウト

・修理品と同封して発送

修理依頼書は、下記リンクより入手可能です。

 

オンライン修理受付による方法

・Web上で必要事項を記入

・受付にはメールアドレスが必須

修理費用5%OFFの割引特典あり

今回はオンライン修理受付を利用することにします。

サイト上のテキストに従って必要事項を記入していくだけなのでらくちんです。

見積金額が設定額を超えたときに連絡をもらえるよう選択できるのもオンライン修理受付のメリットですね。今回は修理参考価格の2,160円(5%割引で2,052円)を超えた時に連絡をもらえるよう、3,500円を超える場合~を選択しておきました。

必要事項を記入し終えると修理お申込み番号と修理依頼表をプリントアウトするボタンが表示されます。

修理依頼表をプリントアウトするか、修理お申込み番号、修理受付の際に記入した電話番号を紙に書いて、送付の際に同梱するようにしましょう。

②修理品の発送

修理受付を終えたら次は発送の準備に取り掛かります。任天堂のサポートページに各商品の梱包方法が動画で紹介されているので参考にされたし。

CHECK保証期間の場合は着払い、保証期間の場合であれば元払いで発送するようにしましょう。

保証期間内の場合は保証書とレシート(納品書)の同封も忘れないように注意が必要です。

発送先はこちら。

今回に関しては保証期間外だったため、できるだけコンパクトにまとめてゆうパック(60サイズ)で発送することにしました。送料730円也…

 

③修理受付

発送してからしばらくすると、修理受付のメールが届きます。(以下オンライン修理受付の場合)

今回の場合は木曜日に発送して金曜日にサービスセンターへ到着。土日を挟んで月曜日に修理受付のメールが届きました。(土日を含めると到着から受付まで4日)

任天堂によると、受付の目安の期間は到着後3~5日ほどみたいです。

④修理品の発送

受付のメールが届いた翌日の夜頃、修理品を発送したとのメールが。Joy-Con(R)の時の経験から3~4日はかかるだろうと踏んでいたため驚きました。

修理金額も当初の予想通り2,052円ピッタリだったので一安心です。

⑤修理品の到着

発送された翌日、無事に我が家へJoy-Con(L)が帰ってきました。

中には愛しのJoy-Con(L)を守るべくギッシリと詰められた緩衝材が。

アナログスティックだけ新品になったJoy-Con(L)。

まっさらなアナログスティックと、使用感漂うそれ以外のアンバランスさがなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。

せっかくなのでズームイン。

 

しっかりとぶれることなく中心に治まってくれています。

最後に

かかった日数は計6日。費用は送料も含めると2,782円。一週間足らずで完全に直って帰ってきたので、結果的には大満足です。

ただ、Joy-Conの耐久性を考えると一年経った時にはまた壊れているような気も。

新品のJoy-Conが4,400円程度なので、修理費との価格差を踏まえると次に壊れた時にどうするかは迷うところです。

(ホリさんから出ている十字コンを買うのも悪くないかも…)

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味