謎多きウクレレブランド「ELVIS」のK100Cをレビュー

スポンサードリンク

先月の8月24日、一年ぶりに新しいウクレレを購入しました。

それが「ELVIS K100C」。

ハワイアン・コアを材に使用しながらも1万円少しという低価格なウクレレです。スロテッドヘッドときれいな木目に惹かれて思わずポチリ…

今回はそんなK100Cを簡単にレビューしていきます。

謎多きELVIS

今回自分が購入したウクレレはELVISというブランドのものなんですが、日本のAmazonといくつかの通販サイトを除いて目撃したことがありません。

ELVISというブランドのウクレレ自体がそもそも海外では販売されていないみたいで、いったいどこのメーカーが生産しているのかもよくわからないのが現状です(OEM品の可能性も…?)

 

ELVIS K100Cを選んだ理由

K100Cを選んだのは、

・木目が非常に美しい

・ハワイアンコア材を使用

・スロテッドヘッド

・低価格

などが主な理由です。特に木目にはかなり惹かれました。

 

開封

梱包は簡素です。味気ない段ボール箱を開けると中からケースが。

今回自分はケース付のモデルを選択しました。

ケースを開けると早速ウクレレ本体のお出ましです。

木目は期待以上…!

ラウンドバックな背面
前面
背面
全体像

 

ポジションマーカーの位置が雑だったり、フレットにほんの少しバリがあったり、

スロテッドヘッドの加工が粗かったり、

弦高がが高めだったりといろいろと不満な点もありますが、持った時の軽さや明るくてよく響く音色、美しい木目など不満以上に満足させてくれる点が多く、総合的には納得できる範疇でした。(ちなみにトップ材の厚さは1.8mm程度でした。薄い!)

 

ケースはクッション材も入っている作りのしっかりしているものでした。ショルダーが二つなのも地味にうれしいポイント。

 

感想

作り的には中華品質と言わざるを得ない点も多々ありましたが、音や木目などに関しては自分の期待を上回るレベルでした。

自分で色々と弄ったり改造したりするのが好きな人にとってはコスパの非常に高いウクレレだと思いますが、逆にそういった作業が苦手、嫌いという人にとってはあまりおすすめできるウクレレではありません。

個人的には満足できる買い物でした。

 

 

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味