シャーペンと言ってもピンからキリまである

スポンサードリンク

こんにちは。エアもふんです。過去に何度か投稿したこのシリーズ。

eamfn.hateblo.jp

 

eamfn.hateblo.jp

 

自分は中学生のころからいろんなシャーペンを探すのが好きだったんですが、自分が買うシャーペンと言えば数百円から数千円台のものがほとんどでした。

今日は、そんなシャーペンの話をしようと思います。

 

 

シャーペンとひとえに言っても、ピンからキリまである

シャーペンといえば、クルトガやドクターグリップなんて言うロングヒット商品を思い浮かべる方も多いと思います。また、最近話題になってきたSMASHなどの製図用シャーペン(SMASHは製図用ではないですが…)などを思い浮かべる人もいると思います。そうなんです。シャーペンと言っても、いろんなものがあるんですよね。

中には、安いのに書き心地が良かったりするものや、高くてもすごく使いやすいといったものもあります。

 

人は何を基準にシャーペンを選ぶのか

ピンからキリまで、膨大にあるシャーペンの中で何を基準にシャーペンを選ぶのでしょうか。やっぱり、口コミや実際に文具店なんかで試し書きして決めることが多いように感じます。

また、シャーペンを必然的に使い始めるのは大体学生のころだと思うので、友達のシャーペンを使って書きやすいと思ったから買う。みたいなのも自分の周りではよくありました。

でも結局のところ、自分が気に入るから買うんだと思います。いくら人がいいといっていても自分が気に入らなければ買う必要はないですからね。

 

高い文房具は持っているだけでステータス

高い文房具は、持っているだけである種のステータスになったりします。

ただ、そこまで高い文房具を使ってどうするの? と思われることもありますね。

実際、高い文房具でも使い勝手が悪いものもあったりします。(ほとんどそんなことはないですが)

また、学校などの場合は、自分が持って行ったシャーペンをパチられたこともありました。学校に高い文房具を持っていくのは良くないですね()

 

シャーペンを集めるのって楽しいですよ

色々と書きましたが、シャーペン(に限らず文房具全般)を色々と集めてみるのは意外と楽しいです。

「このシャーペンは書きやすいけど疲れるな」とか、シャーペンそれぞれに特徴があるのでそれを比較してみるのも面白いと思います。

また、収集するのに、ゲーム機や時計のように、うん万円することはほとんどないですしね。

おすすめです()

 

 

では!

 

 

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味