【クレヨンしんちゃん外伝】『エイリアンVSしんのすけ』2話感想、ネタバレ

2016年8月10日

スポンサードリンク

前回の感想はこちら↓

クレヨンしんちゃん外伝『エイリアンVSしんのすけ』1話感想(ネタバレあり)
こんにちは。エアもふんです。本日8月3日より、クレヨンしんちゃん外伝『エイリアンVSしんのすけ』の配信がAmazonプライムビデオで始まりました。自分もさっそく視聴し...

 

こんにちは。エアもふんです。

前回に引き続きクレヨンしんちゃん外伝『エイリアンVSしんのすけ』の第二話を視聴したので、ネタバレも含みながら感想などを書いていきます。

 

前回のあらすじ

 

前回は謎の女の人と出会い、誰かの悲鳴が聞こえたところで終わっていました。

 

今回のあらすじ

 

しんのすけ達が眠っている間に100年もの年月が経っていた。そして互いの素性を知ると、ここにいる全員、最後の記憶はサトーココノカドーの駐車場だった。地球に戻るため協力して小型船を探しに行くのだが…

※プライムビデオの説明文より引用

 

というわけで、今回はそこまで話は進みません。ですが、いくつか伏線と思わしきものもありました。

以下はネタバレありの今回のおおまかな流れです。

悲鳴が聞こえた野原一家と謎の女。かけつけてみるとそこには倒れている北本さん(隣のおばさん)が。

もう死んでいると思われたがはっと目を覚ます北本さん。倒れる前の記憶は覚えていないという。

場面は最初目を覚ました場所へ。謎の女がどうしてそんなに詳しいのか青年が尋ねると、女は宇宙トラックの運転手だからだと答える。この宇宙船の自動操縦のロックが解除できなかったため、操縦することはは不可能らしい。

青年がサトーココノカドーに写真を買いに来たというと、全員が自分たちもサトーココノカドーにいたという。

それぞれの回想が出てくるが、北本さんの回想だけどこかおかしい(晩御飯のおかずを買いにと言っているが、服装が宇宙船にいる時と同じ)

%e3%81%97%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e5%a4%96%e4%bc%9d

しんのすけが、「自己紹介をしたら仲良くなれるんだゾ」といい、それぞれ自己紹介をすることに。

謎の女はエレン、青年は丸出蛸助、悪い顔の男は田中というらしい。

自己紹介が終わったところで、前話で出てきた黒い生き物の鳴き声が聞こえてきます。今回は遠ざかっていったよう。

これだけ広い宇宙船なら小型艇があるはず。ということで、小型艇を探すことに。

みさえ、ひまわり、北本さんはその場に残り、残りのメンバーで小型艇を探しに行く。

しかし、田中さんとミッチーヨシリンはどこかに行ってしまったようで代わりにしんのすけとシロがついてきた。

小型艇を探している途中で、黒い生き物が襲い掛かってくる。しんのすけ、丸出蛸助、エレンは逃げ切れたものの、ひろしは黒い生き物につかまって?しまった。

また、丸出蛸助とははぐれてしまった。

その場にあった赤いボタンをしんのすけが押すと扉が開く。その先には小型艇が。

やったと思ったのもつかの間、小型艇は爆発してしまう。

ここまでが二話の大まかな流れです。次回のタイトルは「犯人は誰だ?」

 

 

今回の感想

今回もなかなか面白かったです。話自体は進みませんでしたが、全員サトーココノカドーの駐車場にいたこと、気づいたら宇宙船にいたことなど今までの経緯が明らかになりました。全員の名前も分かりましたね。悪い顔の男(田中)は、営業をしているサラリーマンだったようです。

また、いくつか謎も出てきましたね。上でも書きましたが、相変わらず様子がおかしい北本さん、それに加えて回想の場面も怪しさ満点です()

とはいえ、ここまで露骨に怪しく描いているということは北本さんは真犯人ではないのだろうと思います。

途中で消えたミッチーヨシリン、田中さんもちょっと怪しい気がしますね。

色々と気になる点が残る第二話でしたが、次回以降でどう進んでいくのかが楽しみです。

 

余談:これって2116年の世界から100年経ってるって設定だったんですね…(つまり2216年)だから外伝なのか…

 

今日はそんなところで。

 

ではは!

 

クレヨンしんちゃん外伝エイリアンVSしんのすけをプライムビデオで見る

ガジェットという名の沼に飲み込まれてしまった人間。
ウクレレ・ドラムが趣味